株式会社エクセリ

rss-markアナログUHF簡易業務用無線機は2022年12月1日以降ご使用になれません

簡易無線のデジタル化に伴い、アナログの300MHz帯と400MHz帯の周波数を使用した無線機は2022年(平成34年)12月1日以降使用することが出来ません。 2022年12月1日以降にアナログ周波数での通信を行うと処罰の対象となります。
アナログ一般業務用無線(SR)、およびVHFの150MHz帯の簡易業務用無線機はこの規制の対象外ですので、2022年12月1日以降も問題なくお使いいただけます。
2022年12月1日以降使用できなくなる無線機の一覧はこちら

エクセリでは面倒な免許の申請・管理を代行して行い、デジタル簡易無線をどこよりもお安く販売いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

アナログ機の入替、デュアル方式無線機の管理もエクセリにおまかせ!

今お使いの無線機が対象の無線機か判らない方
免許の管理や手続きが面倒な方も
弊社スタッフがご相談に乗ります!まずはお気軽にお問い合わせください!

transceiver-mark使用できなくなる簡易無線は?

2022年12月1日以降使用できなくなるアナログ周波数表

簡易無線種別名周波数帯後継機
小エリア(新簡易)無線348.5625MHz~348.8MHzなし
UHF 400MHz帯
簡易無線
465.0375MHz~465.15MHz
468.55MHz~468.85MHz
デジタル簡易無線免許局
簡易無線種別名小エリア(新簡易)無線
周波数帯348.5625MHz~348.8MHz
後継機なし
簡易無線種別名UHF 400MHz帯
簡易無線
周波数帯465.0375MHz~465.15MHz
468.55MHz~468.85MHz
後継機デジタル簡易無線免許局

使用できなくなるアナログ周波数(UHF)を使用している無線機

  • など

※デジタル周波数のみで使用できるデジタル簡易無線免許局およびアナログ簡易業務用無線(VHF)、アナログ一般業務用無線(VHF,UHF)、デジタル一般業務用無線(VHF,UHF)は今まで通りお使いいただけます。

transceiver-mark使用できなくなるアナログ簡易無線はお早めの入替がオススメ


2022年12月1日以降使用できなくなるアナログ簡易無線(UHF)はお早めの入替がおススメです。アナログとデジタルが両方使えるデジタル簡易無線免許局もあるので、今お使いのアナログ簡易無線機と互換性を持たせて、少しずつ入れ替えることもできます。エクセリでは入替キャンペーンをご用意しています。まずは一度お問い合わせください。

アナログとデジタルが両方使えるデジタル簡易無線免許局

アナログ機の入替、デュアル方式無線機の管理もエクセリにおまかせ!

今お使いの無線機が対象の無線機か判らない方
弊社スタッフがご相談に乗ります!まずはお気軽にお問い合わせください!

transceiver-markアナログUHF簡易業務用無線機の免許管理方法は?


アナログUHF簡易業務用無線機の場合

手続きをする時期手続きの内容注意点
無線機を使用する2017年12月1日以降免許申請を行う発行される有効期限は2022年11月30日まで
※免許の取得には約4週間程度かかりますのでご注意ください
無線機の使用を止める2022年11月30日以前廃止届を提出廃止届提出後は2022年11月30日以前であっても無線機を使用できない
2022年12月1日以降免許状を返納返納期限は2022年12月中
無線機を使用する
手続きをする時期2017年12月1日以降
手続きの内容免許申請を行う
注意点発行される有効期限は2022年11月30日まで
※免許の取得には約4週間程度かかりますのでご注意ください
無線機の使用を止める
手続きをする時期2022年11月30日以前
手続きの内容廃止届を提出
注意点廃止届提出後は2022年11月30日以前であっても無線機を使用できない
無線機の使用を止める
手続きをする時期2022年12月1日以降
手続きの内容免許状を返納
注意点返納期限は2022年12月中

アナログとデジタル両方の周波数を持つデジタル簡易無線免許局の場合

手続きをする時期手続きの内容注意点
2022年12月1日以降も無線機を使用する2017年12月1日以降免許申請を行うアナログchに対して発行される有効期限は2022年11月30日まで
2022年11月30日以前変更申請を行う
①無線機からアナログ方式の周波数を発射できないよう設定変更
②無線局の変更届を提出
再免許申請中の変更申請は行わず、変更申請を先に行ってから再免許申請を行ってください
2022年12月1日以降も無線機を使用する
手続きをする時期2017年12月1日以降
手続きの内容免許申請を行う
注意点アナログchに対して発行される有効期限は2022年11月30日まで
2022年12月1日以降も無線機を使用する
手続きをする時期2022年11月30日以前
手続きの内容変更申請を行う
①無線機からアナログ方式の周波数を発射できないよう設定変更
②無線局の変更届を提出
注意点再免許申請中の変更申請は行わず、変更申請を先に行ってから再免許申請を行ってください

※ 無線機の設定変更はメーカーや弊社にて行います。

アナログ機の入替、デュアル方式無線機の管理もエクセリにおまかせ!

対象の無線機をお持ちで手続きに関して不安な方
弊社スタッフがご相談に乗ります!まずはお気軽にお問い合わせください!

営業担当者からのコメント人アイコン

高山

高山
簡易無線のデジタル化により、アナログ無線機の使用は2022年11月30日までです。 アナログ周波数を持つデジタル簡易無線の場合には2022年11月30日までにアナログ周波数の発射ができないよう無線機本体の設定変更と変更届の申請が必要です。
詳しくは弊社スタッフが説明させて頂きますので、ご不明な点がありましたらまずは一度お問合せ下さい
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら