shitujikun

トランシーバーの購入・レンタルを
ご検討中の方へ

まずはお気軽にご相談ください お気軽にご相談ください

※アマチュア無線のお取り扱いはございません

お電話でも365日深夜まで
ご相談いただけます
お電話でも365日深夜まで受付 telphone0120-880-200

株式会社エクセリは無線機・トランシーバー・インカムをどこよりもお安く販売、レンタルしています。創業28年で3万社以上のお客様との取引実績があり、中古販売と買取で業界ナンバーワンです。

365日深夜まで対応し、日本全国に無線機・トランシーバー・インカムをお届けしています。またほぼ全機種で購入前の無料お試しが可能です。アフター修理も弊社内で対応しますので、ご安心ください。


業種別のオススメ商品を探す

無線機・トランシーバー・インカムは多種多様な業種で利用されています。撮影現場やイベント会場、展示場やセミナー会場など、お客様のお仕事・ご利用シーンにより最適な機種を検索いただくことが可能です。

エクセリでは購入前の無料お試し期間もご用意しています。365日・深夜まで受付しており、万全な体制で無線機・トランシーバー・インカムをどこよりもお安く販売、レンタルしています。

新着情報



shitujikun

トランシーバーの購入・レンタルを
ご検討中の方へ

まずはお気軽にご相談ください

※アマチュア無線のお取り扱いはございません

お電話でも365日深夜まで
ご相談いただけます
お電話でも365日深夜まで受付telphone0120-880-200
スタッフ

スタッフ紹介

  • 高橋マネージャー高橋M

    インカムやトランシーバー、無線機について迅速かつ丁寧に提案します!撮影・イベント業界様へのご提案なら誰よりも経験豊富です。

  • 野口マネージャー野口M

    トランシーバー、インカム、無線機でお客様満足を追求しています。医療機関・携帯ショップ・警備会社様へのご提案が得意です。

  • 堀沢マネージャー堀沢M

    ネットワークと連携させて使用できるトランシーバー、インカムのご相談もお任せください。町内会・自治会様へのご提案実績が豊富です。

  • 尾形チーフ尾形C

    インカムや無線ガイドシステムなど同時通訳、工場見学向けへの提案には自身があります。レンタルも販売もお客様の事情にあわせます。

  • 田部チーフ田部C

    歯科医院様や建設業界のお客様に気持よくトランシーバー、インカムをご購入頂けるよう最善を尽くして対応させて頂きます。

  • 大平チーフ大平C

    お客様に喜んでいただけるよう頑張ります。野球で甲子園を目指していました。お客様への提案も同じ情熱で臨みます。

  • 須藤佑季須藤

    お客様のご要望に丁寧かつ迅速に対応いたします。合唱部出身なので音楽関係のみなさまへのご提案が得意です。

  • 高山翔平高山

    LTEトランシーバー、GPS無線機のことならお任せください。インカム、無線機のリピートオーダーをいただけるよう誠実な対応を心がけています。

  • 石田浩平石田

    無線機を通じてお客様にありがとうのお言葉を頂けるよう尽力します。ドローンを使った農薬散布や空撮などに最適な同時通話無線機のご提案いたします。

  • 永友裕馬永友

    お客様のご予算に合わせてぴったりな商品をご提案致します。GPS位置管理やVICS交通情報サービス(ATIS)が利用できるIP無線機のご提案が得意です。

  • 渡部精規渡部

    お客様からのヒアリングを大切にしています。ショールームや展示会での使用に最適な無線機や、海外用無線機もご用意しています。

  • 高橋大高橋大

    飲食店・ホテル業界での無線機、トランシーバー、インカムの導入案件もお任せください。最適なプランをご提案いたします。

  • 青木菜子青木

    国際会議や同時通訳での使用に最適な無線ガイドシステム、パナガイドの購入も激安レンタルもぜひエクセリにお任せください。レンタルは1日より日本全国対応です。

  • 小泉牧穂小泉

    通常のリース期間より短く、レンタルとしては長期間、無線機・トランシーバー・インカムを導入したいならエクセリリースがおすすめです。

  • 大木美輝大木

    お問い合わせの対応は365日深夜まで。メールフォームは24時間いつでも受け付けてます。日本全国どこでも対応いたします。

  • 伊藤美咲伊藤

    無線機、トランシーバー、インカムは購入前に無料でお試しができます。お客様の導入目的に合わせご提案もいたします。まずはお気軽にご相談ください。

無線機・トランシーバー・インカムについての知識無線機・トランシーバー・インカムについて予備知識

無線機・トランシーバー・インカムの違い

「無線機」「トランシーバー」「インカム」という3つの言葉がありますが、基本的にはどれも"無線で音声の送受信ができる通信端末"のことを言います。なぜ言い方が違うかというと、主に使用する業界・業務によって呼ばれ方が違うためです。

  1. 無線機」とは、電波法上は送信機能を有した無線局のことを言います。デジタル簡易無線、一般業務無線、各種業務無線、IP無線など「無線機」ではなく「無線」という表記も多いです。無線機/無線の表現が多い業界は、工場・プラント、警備業、建設業、クレーンなど重機、ドローン・無人ヘリコプター、農薬散布、スカイスポーツ、町内会・管理組合・自治体などの災害対策(BCP)などでよく使われます。またレジャーユースの方も無線機と呼ぶ人が多いです。
  2. トランシーバー」とは、送信と受信ができることから送信"transmitter"と受信"receiver"を組み合わせて"transceiver"という言葉になりました。トランシーバーの表現が多い業界は主にテレビ・映画撮影、展示会運営、イベント業界や個人のレジャー用途でトランシーバーという名称がよく使われます。出力0.01Wの特定小電力無線局は特定小電力トランシーバーと一般的には表記されています。また、トランシーバーを略して「シーバー」と呼ばれることも多いです。
  3. インカム」とは、"intercommunication"の略です。"intercommunication"は相互通信や内線通話と訳されます。無線だけではなく有線でもインカムと呼ばれます。主に放送局、飲食店、美容室、アパレルなどの店舗、歯科医院や内科などのクリニック、パチンコホール、アミューズメント業界で、よくインカムという名称が使われています。

※無線機、トランシーバー、インカムは海外で「walkie talkie」や「2 way radio」と呼ばれており、実際に通じます。

無線機・トランシーバー・インカムの選び方

無線機・トランシーバー・インカムは種類が豊富にあります。無線機・トランシーバー・インカムを選ぶ際はご利用される場面を想定し必要な性能や機能を把握することが大切です。どのような点に注意して探せばよいのか分からない方は下記の点をご参考ください。

  1. ご利用される場所(ロケーション):通信距離や通信する周囲の環境に適した電波の飛び(出力)を知る
  2. 無線機・トランシーバー・インカムは1mW,10mW,1W,2W,5W,IP無線機(au,ドコモ,ソフトバンクの携帯回線を使用)と出力によって、電波の飛距離が変わります。 フロアを挟んでの通信、地下などの環境では通信距離が近くても電波が安定せず、通信が途切れることもあります。ご利用される環境で安定した通信のできる無線機・トランシーバー・インカムをお選びください。
    無線機・トランシーバー・インカムが実際に使えるかどうか、購入前に無料でお試しいただけます。

  3. 必要な性能や機能:多彩な性能や機能から選ぶ
  4. 防塵・防水性能の有無や、騒音下でも聞き取りやすいクリアな音質、ハンズフリーで通信ができる、多人数で同時通話ができるなど、無線機・トランシーバー・インカムには多彩な機能があります。
    どのような性能や機能が必要なのかを明確にすることで、より最適な無線機を見つけることができます。

  5. ご利用頻度:無駄のないコストで無線機・トランシーバー・インカムを使う
  6. 毎日や毎週などご利用が頻繁な場合は無線機の購入がおすすめです。月に1回や不定期の場合には無線機のレンタルがおすすめです。
    また、リチウムイオン電池など繰り返し充電して使えるバッテリーのオプションがある無線機や、乾電池で運用できるインカム、車のシガーケーブルに繋いで使用できるトランシーバーなど様々な給電方法があります。 使用回数が頻繁、1回の使用時間が長時間などの場合にはバッテリーでの運用を、充電する時間がない場合や次回使用時までに一定の期間が空くなどの場合には乾電池での運用をおすすめいたします。

無線機・トランシーバー・インカムの使い方

基本的な使い方について説明します。

  1. 無線機本体の電源をONにします。

    • 交互通話型の場合:電源をONにするだけでいつでも受信できる待機状態になります。
    • 同時通話型の場合:通話を行う機種間で同期設定を行い、同時通話を開始できる状態にします。設定を行えばいつでも受信できる待機状態になります。設定を行わないと受信できません。 ※一度設定を行えば次回からこの工程は省略でき、いつでも同時通話が開始できる状態になります。設定方法についてはお使いの無線機の取扱説明書をご覧いただくかお気軽にお問い合わせください。
  2. 無線機本体またはイヤホンマイクなどアクセサリの送信ボタンを押しながら話します。

    • 交互通話型の場合:送信時に送信ボタンを押し続けながら無線機本体のマイク部分に向かって話しかけます。イヤホンマイクやヘッドセットなどのアクセサリを使用している場合はアクセサリの送信ボタンを押しながら、アクセサリのマイク部分に向かって話しかけます。 ※別の誰かが送信中のときに送信することはできません。
    • 同時通話型の場合:通話を始めるときに、イヤホンマイクやヘッドセットなどのアクセサリの送信ボタンを一度押し、話したいタイミングでマイク部分に向かって話しかけます(一部機種はアクセサリを使用しなくても通話できます)。一度送信ボタンを押せば送受信の待機状態となります。 そのため、送信時に毎回送信ボタンを押したり、送信中に送信ボタンを押し続ける必要はありません。※アイコム製のIP無線機「IP500H」や「IP501H」など連続での通話時間に制限のある機種もあります。
  3. 無線機本体のスピーカーまたはイヤホンから音声を聞きます。

    • 交互通話型の場合:受信する際、受信側での操作はありません。受信側が音声を送信する場合は、現在の送信側の通話終了を待つ必要があります。通話終了後に受信側の送信ボタンを押して話しかけることで受信側が送信側になることができます。
    • 同時通話型の場合:受信する際、受信側での操作はありません。相手が送信中でも通話終了を待つ必要なく同時に送信して通話ができます。
    • ※音声が受信できない場合はイヤホンマイクやヘッドセットなどのアクセサリが正しく接続できているか、受信者・送信者双方のチャンネル・グループの設定に間違いがないかをご確認ください。お困りの方はお気軽にお問い合わせください。