株式会社エクセリ

防水規格

数字が大きくなるほど防水機能が強くなります。IPX4(JIS4)が日常生活防水適度とお考え下さい。

防塵規格

数字が大きくなるほど防塵機能が強くなります。

防爆規格

爆発性ガスなどを使用している危険箇所で通常の電気機器類を使用すると爆発する危険がありますが、そのような危険箇所でも使用できるように設計し、検定に認定された電気機器の規格。

※防爆対応表の見方について

表の縦軸:無線機の「爆発等級」とは、爆発性ガスのうちどのガスへの耐性があるのかを表しています。

表の横軸:無線機の「温度等級」とは、無線機本体の構造が耐えうる最高表面温度が何度なのかを表しています。最高表面温度が低いほど、物質としては危険性が高くなります。

本質安全防爆の見方 例)Ex ib ⅡC T4

  • Ex...技術的基準に基づく防爆構造についての表記です。防爆構造であることを表しています
  • ib...第1類及び第2類危険個所(特別危険個所以外)で使用可能な本質安全防爆構造であることを表しています
  • Ⅱ...坑気に影響されやすい爆発性雰囲気のある場所について表しています
  • C...ガスまたは蒸気の分類を表しています
  • T4...機器表面が耐えうる最大温度が何度なのかを表しています

※1ガスの発火温度に対応している機器の最大表面温度区分

※2爆発性雰囲気場所の分類。「Ⅰ」鉱山、「Ⅱ」鉱山を除くすべての場所

※3ガスまたは蒸気の分類

防爆対応無線機

XiR P8608Ex

XiR P8608Ex

防爆規格 Ex ib ⅡC T4

TC-700ExPLUS

TC-700ExPLUS

防爆規格 Ex ib ⅡB T3
※生産終了品

GP329Ex

GP329Ex

防爆規格 Ex ib ⅡC T4
※生産終了品

    ①XiRP8608Exの場合 Ex ib ⅡC T4※上記の防爆対応表に記載されているガス、すべて対応

  • Ex...技術的基準に基づく防爆構造についての表記です。防爆構造であることを表しています
  • ib...第1類及び第2類危険個所(特別危険個所以外)で使用可能な本質安全防爆構造であることを表しています
  • Ⅱ...坑気に影響されやすい鉱山を除く爆発性雰囲気のあるすべての場所での使用を想定していることを表しています
  • C...ガスまたは蒸気の分類がCまで対応していることを表しています
  • T4...機器表面が耐えうる最大温度が100℃以上であることを表しています

    ②TC-700ExPLUSの場合 Ex ib ⅡB T3※上記の防爆対応表に記載されているガスのうち「アセトアルデヒド」、「エチルメチルエーテル」、「ジエチルエーテル」、「水素」、「アセチレン」を除くガスに対応

  • Ex...技術的基準に基づく防爆構造についての表記です。防爆構造であることを表しています
  • ib...第1類及び第2類危険個所(特別危険個所以外)で使用可能な本質安全防爆構造であることを表しています
  • Ⅱ...坑気に影響されやすい鉱山を除く爆発性雰囲気のあるすべての場所での使用を想定していることを表しています
  • B...ガスまたは蒸気の分類がBまで対応していることを表しています
  • T3...機器表面が耐えうる最大温度が135℃以上であることを表しています

    ③GP329Exの場合 Ex ib ⅡC T4※上記の防爆対応表に記載されているガス、すべて対応

  • Ex...技術的基準に基づく防爆構造についての表記です。防爆構造であることを表しています
  • ib...第1類及び第2類危険個所(特別危険個所以外)で使用可能な本質安全防爆構造であることを表しています
  • Ⅱ...坑気に影響されやすい鉱山を除く爆発性雰囲気のあるすべての場所での使用を想定していることを表しています
  • C...ガスまたは蒸気の分類がCまで対応していることを表しています
  • T4...機器表面が耐えうる最大温度が100℃以上であることを表しています

防爆対応無線機

XiR P8608Ex

XiR P8608Ex

防爆規格 Ex ib ⅡC T4

    XiRP8608Exの場合 Ex ib ⅡC T4※上記の防爆対応表に記載されているガス、すべて対応

  • Ex...技術的基準に基づく防爆構造についての表記です。防爆構造であることを表しています
  • ib...第1類及び第2類危険個所(特別危険個所以外)で使用可能な本質安全防爆構造であることを表しています
  • Ⅱ...坑気に影響されやすい鉱山を除く爆発性雰囲気のあるすべての場所での使用を想定していることを表しています
  • C...ガスまたは蒸気の分類がCまでを表しています
  • T4...機器表面が耐えうる最大温度が100℃以上であることを表しています

TC-700ExPLUS

TC-700ExPLUS

防爆規格 Ex ib ⅡB T3

    TC-700ExPLUSの場合 Ex ib ⅡB T3※上記の防爆対応表に記載されているガスのうち「アセトアルデヒド」、「エチルメチルエーテル」、「ジエチルエーテル」、「水素」、「アセチレン」を除くガスに対応

  • Ex...技術的基準に基づく防爆構造についての表記です。防爆構造であることを表しています
  • ib...第1類及び第2類危険個所(特別危険個所以外)で使用可能な本質安全防爆構造であることを表しています
  • Ⅱ...坑気に影響されやすい鉱山を除く爆発性雰囲気のあるすべての場所での使用を想定していることを表しています
  • B...ガスまたは蒸気の分類がBまで対応していることを表しています
  • T3...機器表面が耐えうる最大温度が135℃以上であることを表しています

GP329Ex

GP329Ex

防爆規格 Ex ib ⅡC T4

    GP329Exの場合 Ex ib ⅡC T4※上記の防爆対応表に記載されているガス、すべて対応

  • Ex...技術的基準に基づく防爆構造についての表記です。防爆構造であることを表しています
  • ib...第1類及び第2類危険個所(特別危険個所以外)で使用可能な本質安全防爆構造であることを表しています
  • Ⅱ...坑気に影響されやすい鉱山を除く爆発性雰囲気のあるすべての場所での使用を想定していることを表しています
  • C...ガスまたは蒸気の分類がCまでを表しています
  • T4...機器表面が耐えうる最大温度が100℃以上であることを表しています