株式会社エクセリ

インカム・トランシーバー・無線機の違いについての知識インカム・トランシーバー・無線機の違いについて

当サイト内で「インカム・トランシーバー・無線機」という3つの言葉がありますが、どれも同じ、"無線で音声の送受信ができる通信機器"のことを表しています。
基本的にどれも同じ意味ですが、使用する業界により使われる名称が分かれています。
機種をお探しになる際は、「インカム」、「トランシーバー」、「無線機」という言葉を、お客様がご使用になりたい業界でよく使われている言葉で探していくと適切な機種が見つけやすいかもしれません。

  1. インカム」とは、"intercommunication"の略です。"intercommunication"は相互通信や内線通話と和訳されます。主に飲食店、美容室、アパレルなどの店舗、歯科医院や内科のクリニックなどの業界で、よく使われる名称がインカムです。 例外として、イヤホンマイクヘッドセットなどのことをインカムと呼ぶ場合もあります。
  2. トランシーバー」とは、送信機を意味する"transmitter"と受信機を意味する"receiver"を組み合わせた言葉です。主にテレビ・映画撮影、展示会運営、イベント業界や個人のレジャーなどでトランシーバーという名称がよく使われます。また、トランシーバーを略して「シーバー」とも呼ばれます。
  3. 無線機」とは、電波法上は送信機能を有した無線局のことを言います。工場などの製造現場や警備、建設、重機、農薬散布、町内会・管理組合・役所の災害対策(BCP)などの業界でよく使われます。またアマチュア無線やCB無線やパーソナル無線など個人使用の方も無線機と呼ぶ人が多いです。

ちなみに北米、南米、アジア、欧州、中央アジアなどの海外では、インカム・トランシーバー・無線機のいずれも全く意味が通じません。インカムやトランシーバー、無線機のことを言いたい場合は「walkie talkie」や「2 way radio」と言えば通じます。