株式会社エクセリ

ご利用シーンに最適な機種をご提案いたします。

お問い合わせはこちら

インカム・トランシーバー・無線機の違いについての知識インカム・トランシーバー・無線機の違いについて

「無線機」「トランシーバー」「インカム」という3つの言葉がありますが、基本的にはどれも"無線で音声の送受信ができる通信端末"のことを言います。なぜ言い方が違うかというと、主に使用する業界・業務によって呼ばれ方が違うためです。

  1. 無線機」とは電波法上は送信機能を有した無線局のことを言います。デジタル簡易無線、一般業務無線、各種業務無線、IP無線など「無線機」ではなく「無線」という表記も多いです。無線機/無線の表現が多い業界は、工場・プラント、警備業、建設業、クレーンなど重機、ドローン・無人ヘリコプター、農薬散布、スカイスポーツ、町内会・管理組合・自治体などの災害対策(BCP)などでよく使われます。またレジャーユースの方も無線機と呼ぶ人が多いです。
  2. トランシーバー」とは送信と受信ができることから送信"transmitter"と受信"receiver"を組み合わせて"transceiver"という言葉になりました。トランシーバーの表現が多い業界は主にテレビ・映画撮影、展示会運営、イベント業界や個人のレジャー用途でトランシーバーという名称がよく使われます。出力0.01Wの特定小電力無線局は特定小電力トランシーバーと一般的には表記されています。また、トランシーバーを略して「シーバー」と呼ばれることも多いです。
  3. インカム」とは"intercommunication"の略です。"intercommunication"は相互通信や内線通話と訳されます。無線だけではなく有線でもインカムと呼ばれます。主に放送局、飲食店、美容室、アパレルなどの店舗、歯科医院や内科などのクリニック、パチンコホール、アミューズメント業界で、よくインカムという名称が使われています。

※無線機、トランシーバー、インカムは海外で「walkie talkie」や「2 way radio」と呼ばれており、実際に通じます。

業務用無線とアマチュア無線の違いは通信目的の違い業務用無線とアマチュア無線の違いは通信目的の違い

「業務用無線」とは 業務での連絡を目的として使用する無線通信機器のことで、簡易業務用無線と一般業務用無線に分類されます。

簡易業務用無線はデジタル簡易無線とアナログ簡易無線があり、主に

・UHF465MHz帯デジタル65ch/アナログ35ch
(UHF帯アナログ簡易無線の使用期限は2022年11月30日まで)
・VHF154MHz帯アナログ9ch/デジタル19ch

の2つの通信方法(デジタル/アナログ)と2種類の周波数帯域(UHF/VHF)の中でどれか1つ以上利用した無線機のことをいいます。

一般業務用無線は公共性の高い業態(鉄道・バス事業など)で使用できる「自営陸上移動通信」の総称のことで、特定の条件の下で総合通信局より専用周波数の使用が認められ免許が付与されます。


「アマチュア無線」とは 通話の内容が個人的な興味に限られ、日本国内での運用には無線従事者免許が必要となります。

また、以下の無線機は業務の連絡用途および個人的な趣味の双方で使用されています。

・デジタル簡易無線登録局(351MHz帯)
・特定小電力トランシーバー(UHF422MHz帯/440MHz帯)
・DECTインカム(1.9GHz帯)
・Wi-Fiトランシーバー(2.4GHz帯)

整理しますと、業務用として使用できるのは以下の6種別の無線機となります。

デジタル簡易無線免許局
デジタル簡易無線登録局
一般業務用無線
特定小電力トランシーバー
DECTインカム
Wi-Fiトランシーバー
となります。

※弊社は業務用途の無線機の販売とレンタルと中古流通の会社です。アマチュア無線の取り扱いはございません。

バイク用インカムの選び方バイク用インカムの選び方

バイク用インカムの選び方は 使用するデジタル簡易無線登録局を選び(おすすめはアイコム製)、 次に機種や装着するヘルメットに合ったKTEL製のマイクを選ぶ方法をおすすめいたします。

バイクで無線機・インカム・トランシーバーを使用する場合に一番の問題になるのは走行時の風切り音です。
速いスピードを出して走行する場合、送信された音声は風切り音により不明瞭になり、通信相手はノイズが激しく聞き取れません。

それを防ぐためには風切り音に強いバイク専用マイクをつける必要があります。
高性能でおすすめのバイク用マイクはKTEL(ケテル)製のマイクです。
KTEL製のマイクにデジタル簡易無線登録局(出力5W)を組み合わせて使うのが一番良い方法です。